スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏の名告り
喜怒哀楽の声 -豊島学由著- より

信心は助かる証拠を握ることと思いきや
      逆に助けるぞの証拠につかまりました

凡夫の疑いは信じたらとれるのではなく
      本願のお名号に取られるのです



少しも自力のクサミが感じられない言葉です。
こちらで信じたのでなく、ただ疑い取られた。
取られたと言っても、私の煩悩の何かが無くなったのでなく、
ただ阿弥陀仏の名告りが聞こえただけ。
人間の名のりが聞こえてもなんともありませんが、
仏の名告りが届いたら安心せざるを得ません。
スポンサーサイト

光によって光を見せられる
加茂仰順師 正信偈2 七祖のおしえ より

==========================================
決定した、間違いのない、如来様のお助けの聞こえたのが、信の一念でございます。

 『聴聞で かためた領解 もぎとられ みやげ持たずに 帰る親里』

と申されたお方がございますが、まことに尊いお味わいでございます。
 当流の信心とは、名号の救いのはたらきが、私の上にいきいきとあらわれ給うたすがたでございます。先手のかかった名号の救いを、聞信させて頂くのでございます。弥陀のお助けの、まちがいないことが、至り届いたこころでございます。

 私が長い間、お育て頂いたから、疑いが無くなり、間違いないという領解ができたのではございません。必ず救うとの弥陀の御心が、至り届いて下されまして、必ず救われるという領解のできたのでございまする。
 つまり、光によって光を見せられておるのでございます。
 どこまでも、弥陀の知り抜き給うた、この私を救うために起こされたのが、弥陀の御本願でございます。そして、私の罪業にもさまたげられることなく、善をも要せず、一切凡小善悪を一味平等に転じ変えて、救うてくださる御本願でございます。

『往生は、と 父に問われて ほほみぬ 弥陀にまかせて わすれたりけり』

と、その臨終のときに臨んで、ほほんで父にこたえたという若い方もいられたと聞いておりまするが、まことに尊いおこころ持ちでございます。

==========================================



 真実の信心が、真実であるか否かは、分別にとらわれた不実の心ではわかる筈がございません。真実であるかどうかは、真実の心でしか分かりません。
 私の視線が光にたどりついて“明るい”と判断するのでなく、明るい光が至り届いて明るいと感ずるのです。
 光によって光をみせられておるのです、とはこういうことだと思います。

 聴聞で固めた領解もぎとられ・・・
 ・・・弥陀にまかせて わすれたりけり

 自分の視線には用事がなくなり、光によって光をみせられている、味わい深いお歌でございます。

至りて堅き石
 「至りてかたきは石なり、至りてやはらかなるは水なり、水よく石を穿つ、
 心源もし徹しなば菩提の覚道なにごとか成ぜざらん」といへる古き詞あり。
 いかに不信なりとも、聴聞を心に入れまうさば、御慈悲にて候ふあひだ、信をうべきなり。
 ただ仏法は聴聞にきはまることなりと[云々]。
 (御一代記聞書(193)


 石は私です。水は私の聞き心、ではありません。水は阿弥陀仏の願力です。
 石はただ水に打たれているばかりで何もしていません。
 水のところへ動いて行ったのでもありません。打たれ方を工夫してもいません。
 ですから水よく石を穿つとは、私が一生懸命聞き抜いたことではないのであります。
 この一代記のお言葉は、聴聞の仕方を教えられたものではありません。弥陀の願力がかけられてあることを教えておられるお言葉です。
 「南無阿弥陀仏とはわれらの往生のさだまりたる証拠なり」ですから、加茂師の言葉を借りれば、
聞いて解決ではない。解決のできている証拠が六字です。出来てある、定まってある証拠をつきつけられているのです。

 聴聞とはこの証拠をつきつけられているありさまでしょう。

本願寺 -彼岸会-
 先日初めて本願寺(西)に参りました。
 毎日行われている常例布教を目当てに聞きに行きましたら、たまたま春季の彼岸会でした。
 何十人ものお坊さんが集まり、楽器の演奏に合わせて盛大に法要を勤めておられました。
 そのあと豊島學由師による法座となりました。
 題は「阿弥陀さまとお釈迦さま」。
 分かりやすく、おもしろく、親しみやすいお話ぶりで、大変感激しました。しかし話がいざ信の核心に触れると、声をからして力強く念仏の尊さを説いておられました。

 豊島師は過去に耳の手術をしたことがあるとのこと。脳の近くまでメスをいれる手術だったそうです。手術が終わり暫くすると医者が、まだ麻酔の抜けきってない豊島氏に何度も聞こえますか?と声を掛けられたそうです。一生懸命手術したのも医者ですが、一生懸命聞こえますかと呼びかけられて、「聞こえてくれ」「助かってくれ」と願われているのも医者です。当人は麻酔が掛かってぼやっと眠っているだけです。
 医者が大きな声で呼びかけているのに、当人はぼぉーっとした中なにか聞こえたのか、ちぃさな返事をしたそうです。自分は覚えていないが、周りで看ていた家族たちいわく、か細い声で「・・・はぃ・・・」てなもんだったそうです。
 まぁちょっと大きな声で「はい!聞こえました!!」と言えたらどうだと思いますが、そんなもんだったそうです。

「帰命は本願召喚の勅命なり」と行巻にありますが、助けるぞとよび続けられてあることを聞いて、はいと聞かなければ手術が成功していても完治しておりません。このお彼岸会が、はいと聞くご縁になって頂きたいとのことでありました。

 本願寺では、「なにしろ死んだら極楽」という話しかないなどと聞いておりましたが、全く違っておりました。
「後生は如何!?」と切に問われ、本願召喚の勅命を聞いて信決定し念仏すべしとの尊いご説法でありました。
 疑い無い力の抜けた妙味を味わせて頂けましたので、豊島師もきっと私と同じであろうと思うとなんとも不思議でありますし、初めてのご縁でしたが懐かしく感じました。

私しゃつまらん あとばかり
有難すぎるのでまた加茂仰順師の抜粋です。

========================================================
親鸞<信>-本願の念仏- 加茂仰順

真宗のかなめは、安心であります。安心とは何でしょうか。
安心とは、私が救われることであります。助けられたことであります。
真宗では、そのことを「信心をとる」とか、「信心獲得」とか申されています。
「信心をとる」とは、計らい心の捨たったことであります。
「自力の心をすてて」、「弥陀をたのんだ」のであります。そのことを一口に言えば、真宗は、まちがいのないお助けのえられたのであります。如来に助けられたのであります。
人はみな、親心を頂こうと思うて苦心しますが、それは方角ちがいです。頂くことに苦心するのではありません。苦心されている親心を聞かせていただくのであります。
頂くということは、物をもらうようなことではありません。聴聞のところに、親心の全体があらわれて下さったのであります。

なぜかと言えば、弥陀の正覚のそのままが、私を救うためであるからです。
弥陀の正覚のありだけが、私の救い(往生)であります。
つまり仏智のままが宿ったのが安心であります。その大悲の宿って出るのが念仏です。
大悲がいつも通って下さるからそれを味わって念仏するのであります。
大悲のあらわれたのが念仏です。
如来に生かされているいっぱいが如来の名号であります。
名号をいただくのであると言うても、名号を私が所有するのではありません。
名号のはたらきに、わが身全体が生かされるのであります。

忘れて暮らす私に ナモアミダブツが先に出て
思い出すときは いつでもあとよ
私しゃつまらん あとばかり
私の心がさきならだめよ 親の慈悲がさきにある
親の慈悲がさきばかり 私の返事はあとばかり
                       (才市)

========================================================



名号が欲しいという想いがあってそれに阿弥陀仏が応えられるのではありません。
阿弥陀仏の助けるの一方的な親心に生かされたのです。
ですから阿弥陀仏が常に先なのです。
常に先なのであって、信心獲得の最初だけ先手、それ以後は私の番手なのでもありません。
名号を頂いて所有したのならば、私が先手となるやもしれませんが、
思い出すときは いつでもあとよ 私しゃつまらん あとばかり で、
信を仰げば常に先手の慈悲が味わわれます。

母親に抱かれている赤ん坊の笑顔は、親の笑顔のうつったものです。
赤ん坊が親心を取得したのではなく、母の親心が笑顔となって私に笑顔があらわれたのです。
Copyright © 人生は苦なり. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。