スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私しゃつまらん あとばかり
有難すぎるのでまた加茂仰順師の抜粋です。

========================================================
親鸞<信>-本願の念仏- 加茂仰順

真宗のかなめは、安心であります。安心とは何でしょうか。
安心とは、私が救われることであります。助けられたことであります。
真宗では、そのことを「信心をとる」とか、「信心獲得」とか申されています。
「信心をとる」とは、計らい心の捨たったことであります。
「自力の心をすてて」、「弥陀をたのんだ」のであります。そのことを一口に言えば、真宗は、まちがいのないお助けのえられたのであります。如来に助けられたのであります。
人はみな、親心を頂こうと思うて苦心しますが、それは方角ちがいです。頂くことに苦心するのではありません。苦心されている親心を聞かせていただくのであります。
頂くということは、物をもらうようなことではありません。聴聞のところに、親心の全体があらわれて下さったのであります。

なぜかと言えば、弥陀の正覚のそのままが、私を救うためであるからです。
弥陀の正覚のありだけが、私の救い(往生)であります。
つまり仏智のままが宿ったのが安心であります。その大悲の宿って出るのが念仏です。
大悲がいつも通って下さるからそれを味わって念仏するのであります。
大悲のあらわれたのが念仏です。
如来に生かされているいっぱいが如来の名号であります。
名号をいただくのであると言うても、名号を私が所有するのではありません。
名号のはたらきに、わが身全体が生かされるのであります。

忘れて暮らす私に ナモアミダブツが先に出て
思い出すときは いつでもあとよ
私しゃつまらん あとばかり
私の心がさきならだめよ 親の慈悲がさきにある
親の慈悲がさきばかり 私の返事はあとばかり
                       (才市)

========================================================



名号が欲しいという想いがあってそれに阿弥陀仏が応えられるのではありません。
阿弥陀仏の助けるの一方的な親心に生かされたのです。
ですから阿弥陀仏が常に先なのです。
常に先なのであって、信心獲得の最初だけ先手、それ以後は私の番手なのでもありません。
名号を頂いて所有したのならば、私が先手となるやもしれませんが、
思い出すときは いつでもあとよ 私しゃつまらん あとばかり で、
信を仰げば常に先手の慈悲が味わわれます。

母親に抱かれている赤ん坊の笑顔は、親の笑顔のうつったものです。
赤ん坊が親心を取得したのではなく、母の親心が笑顔となって私に笑顔があらわれたのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 人生は苦なり. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。