スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光によって光を見せられる
加茂仰順師 正信偈2 七祖のおしえ より

==========================================
決定した、間違いのない、如来様のお助けの聞こえたのが、信の一念でございます。

 『聴聞で かためた領解 もぎとられ みやげ持たずに 帰る親里』

と申されたお方がございますが、まことに尊いお味わいでございます。
 当流の信心とは、名号の救いのはたらきが、私の上にいきいきとあらわれ給うたすがたでございます。先手のかかった名号の救いを、聞信させて頂くのでございます。弥陀のお助けの、まちがいないことが、至り届いたこころでございます。

 私が長い間、お育て頂いたから、疑いが無くなり、間違いないという領解ができたのではございません。必ず救うとの弥陀の御心が、至り届いて下されまして、必ず救われるという領解のできたのでございまする。
 つまり、光によって光を見せられておるのでございます。
 どこまでも、弥陀の知り抜き給うた、この私を救うために起こされたのが、弥陀の御本願でございます。そして、私の罪業にもさまたげられることなく、善をも要せず、一切凡小善悪を一味平等に転じ変えて、救うてくださる御本願でございます。

『往生は、と 父に問われて ほほみぬ 弥陀にまかせて わすれたりけり』

と、その臨終のときに臨んで、ほほんで父にこたえたという若い方もいられたと聞いておりまするが、まことに尊いおこころ持ちでございます。

==========================================



 真実の信心が、真実であるか否かは、分別にとらわれた不実の心ではわかる筈がございません。真実であるかどうかは、真実の心でしか分かりません。
 私の視線が光にたどりついて“明るい”と判断するのでなく、明るい光が至り届いて明るいと感ずるのです。
 光によって光をみせられておるのです、とはこういうことだと思います。

 聴聞で固めた領解もぎとられ・・・
 ・・・弥陀にまかせて わすれたりけり

 自分の視線には用事がなくなり、光によって光をみせられている、味わい深いお歌でございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

味わい深いですね
>私が長い間、お育て頂いたから、疑いが無くなり、間違いないという領解ができたのではございません。必ず救うとの弥陀の御心が、至り届いて下されまして、必ず救われるという領解のできたのでございまする。

そうなんですよね。宿善厚くしましょう、宿善厚くする為に○○するんだ、と言われるのは、「この私の苦労の聴聞が、私の求道の苦労が報われて、いつか疑いがない境地を手にすることができる、間違いないという境地になれる」と思っておられるのかもしれませんが、私もそのように心得違いをしていた時もありましたが、そうではなかったんです。

私の苦労が報われるのではないのです。阿弥陀さまのご苦労のみでした。ただ今そ阿弥陀さまの御信心は私に届いてくだされて、私のわかるわからない、知った知らないに用事はなくなって阿弥陀さまにまかせさせられたならば、助けるに間違いはないと聞かせてくだされることにもはや疑いようもなく、お念仏させていただくのみです…

光に向かって、とは阿弥陀さまに向かって、ということなんだと思います。

hiromi | URL | 2010/05/07/Fri 10:12 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 人生は苦なり. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。